旬な情報を発信!ライフマニュアル!

Just another WordPress site

*

【福袋2016】AppleのLuckyBagの中身|発売日、ネット予約、販売店もご紹介

   

この記事は約6分で読めます。

①

Appleファン必見の毎年見逃せない福袋と言えば、

 

Appleの『LuckyBag』ですよね。

 

毎年長蛇の列を生み出す福袋で、

 

2016年も楽しみにしている人が多いのではないかと思います。

 

新年一発目の運試しになりますよね。

 

当たりを引いた時の金額は100000円以上という超目玉な福袋です!

 

そこで今年こそAppleのuckyBagを絶対にゲットしたいと意気込む方に向けて、

 

・発売日の何時に並べば買えるだろう

 

・ネット予約や販売個数ってどのくらいだろう

 

・LuckyBagの中身は?

 

などの疑問を過去のデータ踏まえてお伝えしていこうと思います。

 

Appleの福袋を狙っている方にとって有益な情報になる為、

 

是非参考にして狙ってみてください!

スポンサードリンク

Appleの福袋の概要

②

・発売日

 

2016年のAppleのLuckyBagの販売日は2016年の1月2日です。

 

元旦は店舗が休みとなる為、2日に販売ということになります。

 

発売開始時間は例年どおりにいけば朝の8時と予想されます。

 

・発売店舗

 

AppleのLuckyBagの発売店舗はAppleの直営店です。

 

国内の直営店は、

 

・銀座店

 

・渋谷店

 

・心斎橋店

 

・名古屋栄店

 

・福岡天神店

 

・札幌店

 

・仙台一番町店

 

の7店舗あります。

 

最も人気となるのが銀座店で、

 

よくTVのニュースなどで銀座店の様子が取り上げられています。

 

札幌店は真冬の極寒の中並ぶことになる為、

 

競争率は他店よりは劣るかもしれませんね。

 

・ネット予約

 

Appleの福袋は、ネット予約は一切行っていないようです。

 

福袋はよくネット予約ができて、手軽にゲットできてしまう物もあるものの、

 

Appleの福袋は直営店のみの販売となります。

 

それだけ限定感があって手に入れるのは、

 

かなり気合を入れないとゲットできないと思われます。

 

・発売個数

 

Appleの『LuckyBag』の発売個数は各店舗によって異なります。

 

2014年は以下の発売個数でした。

 

・銀座店700個

 

・渋谷店350個

 

・名古屋栄店350個

 

・心斎橋店250個

 

・福岡天神店150個

 

・札幌店120個

 

・仙台一番町店120個

 

同じ東京でも銀座と渋谷では、

 

銀座の方が2倍の700個と圧倒的な数を用意していますね。

 

渋谷店の350個もかなり多い方で、

 

人の並びによっては渋谷に行ってみても良いのではないでしょうか。

 

・何時から並べば購入できるか

 

最も並ぶ方が多い銀座店の2015年のデータをご紹介します。

 

12月31日の15時の時点で約20人並んでいました。

 

そこから徐々に人が増えていって、1月1日の0時で約40人です。

 

1月1日の朝6時の段階では約70人で、そこから2時間後の朝8時で約110人です。

 

ここまで見ると、

 

年越しをしてある程度家族団らんをされた後に、

 

人が集まるという傾向が見られますよね。

 

そしてそこからどんどん人が集まっていき、

 

1月1日の16時半で800人超えを記録しました。

 

すでに発売予定個数を超えてしまった為、

 

1月1日の昼間には並べているのが理想的ですね。

 

もちろん、ほかの店舗ではもう少し並ぶのが遅くても大丈夫ですが、

 

その分販売個数が少なくなる為、気を付けないといけません。

 

2016年のAppleの福袋予想について

③

2016年に関しても例年通り、

 

大当たり~普通まで数種類の福袋が販売されるのではと予想されています。

 

2015年のAppleの中身は、

 

・大当たり「MacBook Air 11インチ128GB」(88000円)

 

・中当たり「iPad Air 2」(53800円)

 

・小当たり「ipadmini3」(42800円)

 

・普通「ipod totch」(20800円)

 

となっています。

 

福袋の値段は38800円です。そしてそのほかに共通する中身が、

 

・AppleTV

 

・itunesカード

 

・Mophie Powerstationバッテリー

 

・Beats PowerBeats2ワイヤレスインイヤーヘッドフォン

 

・Incase ICON Slim Backpuck(限定カラー)

 

でした。

 

総額はどれもお値段以上の中身で、

 

購入して損をすることはなさそうですね。

 

2016年に関してもコレと同じような中身が予想されます。

 

しかし、2016年に関しては、

 

福袋販売は行わない方針になったのではないかと言われています。

 

これは、行列による道路占拠のイメージが悪いことが影響してのことです。

 

2015年のIPadAir2の販売からiPhone6sシリーズに関しても、

 

販売直後は予約受付のみとなりました。

 

Appleの公式サイトや雑誌の情報をしっかりチェックした方が良いですね。

スポンサードリンク

まとめ

 

Appleの福袋であるLuckyBagの中身、

 

販売日、並び状況、発売店舗や販売個数などをご紹介しました。

 

実際に販売されるかどうかは定かではないものの、

 

2016年のAppleの福袋であるLuckyBagの購入を考える方は、

 

ご紹介した情報を参考にしてみてください。

 

おすすめ関連記事はコチラ

 - 福袋