旬な情報を発信!ライフマニュアル!

Just another WordPress site

*

【結婚式のエンドロールムービー】使える有料・無料作成ソフト4選

   

この記事は約6分で読めます。

  2016/03/12

①

結婚式のエンドロールムービーは流したいけれど、業者に依頼しないといけないと思う方もいるでしょう。

 

でも、そんなことはありません。

 

自作で動画を編集して結婚式のエンドロールムービーを作ってしまうカップルも少なくないです。

 

しかし、動画の編集なんて今までしたことがないとなると、心配になるものですよね。

 

そして、世に数ある作成ソフトの中からどれを使ってよいのだろう?と思う方もいるはずです。

 

今回は使える評価の高い有料・無料の作成ソフトを調査したのでご紹介します。

 

さらに、業者に依頼した時のあれこれについても調査したので参考にしてくださいね。

スポンサードリンク

なぜ結婚式のエンドロールムービーは費用がかさむの?

②

業者に依頼して結婚式のエンドロールムービーを作るとなると、どうしてもお金がかかるのが事実です。

 

この部分に頭を悩ませている方も少なくないと思います。

 

結婚式場に依頼をすると、安くても5万円はかかると思っておいた方が良いでしょう。

 

しかも、特殊効果の使用や写真の枚数の増減はできないといった制限があることも多いです。

 

だからこそどうしても料金を追加したいと思いますよね。

 

これが、費用がかさむ要因となっています。

 

また、結婚式にかかる外注費用は卸業者の間に高額な中間マージンが発生するのが事実です。

 

もちろん、結婚式場にもよるものの、まずはこの点を頭に入れておいた方が良いですね。

 

では、結婚式場を経由せずに直接業者に依頼をした時にはどうなのかということは気になる点だと思います。

 

この場合も料金は非常に幅があります。

 

ただ、格安がセールスポイントの業者の場合は、テンプレートを使用し、単一のズームのみや写真枚数の増減ができないといった制限があることもあります。

 

やはり全てを納得したものを作るのなら、それなりにお金がかかってしまうものですね。

 

業者に依頼をしたらある程度の出費は覚悟した方が良さそうですね。

 

有料と無料の作成ソフトのメリットデメリット

③

作成ソフトを使ってエンドロールムービーを作るとなると、有料ソフトか無料ソフトを使うかが大きなポイントになりますね。

 

無料ソフトの場合は、やはり費用がかからず、使い方が簡単なのが大きいです。さらに、すぐに使うことができるメリットもあります。

 

ただ、本格的な編集は厳しく、制限があることを忘れてはいけません。

 

一方、有料ソフトの場合は本格的エンドロールムービーを作ることができます。

 

さらに、テンプレートが用意されており、編集の幅は広くなります。

 

デメリットはやはりソフトを購入するのに費用がかかる点や、機能を使いこなすのに慣れや時間が必要という点です。

 

一概にどちらが良いという訳ではなく、どういったエンドロールムービーを作りたいのかを考えて選択するのが良いですね。

 

使える有料・無料作成ソフト4選

④

使える有料・無料の作成ソフトをご紹介していきます。

 

評価の高いものばかりなので、是非参考にしてください。

 

1.Windows ムービーメーカー

 

無料の作成ソフトで、初心者向けです。

 

スライドショーやビデオを読み込み編集していきます。

 

トリミングや速度の変更など自分好みを反映させることができます。

 

編集可能なサウンドトラックを使ってのムービー作成も可能です。

 

2.Video Pad

 

初心者でも本格的な動画編集が簡単にできる無料の作成ソフトです。

 

様々な視覚効果を使ってプロと思える映像の作成ができて、スロー再生や高速再生あるいは逆再生もできます。

 

動画はもちろん、静止画も簡単に挿入できちゃいます。

 

エンドロールムービーを作る上で必要となる便利なツールが非常に豊富です。

スポンサードリンク

3.みんなのフォトムービー7 Wedding

 

これは有料の作成ソフトになります。

 

料金はタイプによって異なり、7200円~12000円です。

 

かわいいフレームや素材が1700点以上も収録され、ガイドブックを見ればテクニックと機能を使いこなすことができます。

 

写真や動画を集めてウェディング素材を写真などにあてはめることで、簡単にオリジナルのエンドロールムービーを作ることができます。

 

また、高画質動画として話題となっている 4Kムービーの出力が可能です。

 

その為、美しいフォトムービーを作りに適していると言えますね。

 

温泉ファイルを複数入れることもできる為、演出をより印象的にもできます。

 

出産記録や子供の成長記録など様々なイベントでも使えるのも嬉しいポイントです。

 

4.PowerDirector

 

高画質のAVCHD形式に対応した動画編集ソフトです。

 

料金は12980円です。

 

動画から音声のみを取り出して無声ビデオにできる機能があります。

 

さらに、ほかの音楽を組み合わせることもできます。

 

エフェクト類は 100 種類以上用意されており、どういったエンドロールムービーを作るにしても対応できます。

 

動画や写真の角度を変更することや、字幕やタイトルの追加もできます。

 

ユニークな編集機能も多数あって、本格的なエンドロールムービーを作りたいと思う方に適していると言えますね。

 

いかがでしょうか?

 

ほとんどのソフトは購入前に体験版がダウンロードできる為、一度操作性をチェックしてからの購入が良いと思います。

 

まとめ

結婚式のエンドロールムービーを自作でと考える方は、ご紹介した作成ソフトを使って見てはいかがでしょうか。

 

簡単にできるものか、本格的なものかで無料作成ソフトと有料作成ソフトを使い分けるのがおすすめです。

 

作成ソフトを使って、初心者でも簡単に結婚式のエンドロールムービーを作ることはできます。

 

感動的なワンシーンを演出してみてください!

 

おすすめ関連記事はコチラ

 

 - 結婚式