旬な情報を発信!ライフマニュアル!

Just another WordPress site

*

夏バテ症状で眠いのはなんで?症状を改善するための2つのポイント!

   

この記事は約5分で読めます。

1一年の中で最も気温が暑くなる夏の季節

 

涼しいと言われている地域でも暑いと感じることも多くなりますね。

 

そんな季節に多くなるのが夏バテです!

 

多くの方が夏になると夏バテでまいってしまうことがあるのではないでしょうか?

 

少し動くだけでもすぐに疲れたと思ってしまいますよね。

 

そんな季節の夏を乗り越える為には、

夏バテ対策は必須です!

 

その夏バテの症状の一つには眠気があることが挙げられます。

 

夏バテになるとなぜ眠くなるのかご存じではない方も少なくないですよね?

 

心身に負担がかかりやすい季節の夏には、

夏バテで眠くなってしまうことがお悩みの方もいるはずです。

 

大きなポイントになるのが体調管理と食生活です!

 

この2点を改善することによって

夏バテでの眠気対策になる為、

ご紹介していきますね。

スポンサードリンク

体調管理の改善が必須

2.5

夏になったらクーラーを活用する方が多くなりますよね?

 

熱中症にならない為には、クーラーを活用するのは確かに効果的ではあります!

 

しかし、就寝時となると話は別です!

 

エアコンを活用しすぎて自律神経を損なわないようにすることも大事になります。

 

寝入りの時にはエアコンを活用し、その後は掛けっぱなしにせず、

タイマーをセットすることを心がけると良いですね。

 

どうしても暑くて起きてしまうという方は、

できるだけエアコンの温度を高めに設定するようにしてください。

 

外との気温差を5度程度にしておくようにすれば問題ないですね。

 

また、扇風機を持っている方は、部屋の温度を滞留させない為に活用すべきです!

 

毎日の睡眠時間の理想となるのが6~8時間です。

 

いかにして睡眠時間を削られないようにするかが、

夏バテで眠くならないポイントになります。

 

快適に睡眠をする為に活用しているエアコンが要因になることもありますので、

覚えておいてくださいね。

疲れにくい体を作る為には

2

夏になると対応が上昇し、自然と汗が大量に出るようになります。

 

その結果、普通に生活をしているだけでも疲れるようになる為、

夏バテでの眠気に繋がってしまいます。

 

そのため、疲れない体を作るようにしないといけません!

 

重要になるのが食生活です。

 

暑くて食欲がないという理由で、

栄養面に無頓着な食生活を送っている方も少なくないはずです。

 

でも、暑い夏の時には夏バテをしない為に特に気を付けないといけません。

 

しっかり摂取すべき栄養素となるのが、

ビタミンB2、B6、B12です!

 

豆腐製品、豚肉、レバー、青魚などに多く含まれています!

 

貧血の予防の際には、

ほうれん草ブロッコリーを食べるようにするのが良いです。

 

これらの食品を意識的に食べるようにすれば、

疲れにくい体を作ることができる為、

活用してみてください!

眠くなってしまった時の対処法とは

3

いくら夏バテでの眠気対策をしていたとしても、

どうしても眠くなってしまう時がありますよね?

 

体温が上昇して汗をかいた後、

体が冷えようとすると眠気が襲ってきます。

 

人間の体は体温が下がると眠くなるようにできている為、

できるだけ体温を上昇させないように工夫すべきですね。

 

冷やし過ぎに注意した上で、リンパを冷やすことが効果的になります。

 

冷却効果のあるスカーフ冷えピタなどを活用すると便利ですね。

 

また、当たり前のことではありますが、

休める時にしっかり休むということも大事です!

 

無理をしてしまうとどうしても体温が上昇してしまう可能性が高まります。

 

夏バテでだるくて眠気が襲ってくるとやる気まで削がれる為、

根本となる眠気の問題をクリアしないといけませんね。

 

スポンサードリンク

 

いかがでしたでしょうか?

 

夏バテで眠くなってしまうのには、

生活習慣や食生活が大きく関係しています。

 

特にエアコンを活用するのが当たり前となった世の中においては、

エアコンが原因で快適な睡眠ができていない方も多数います!

 

また、食生活に関しても栄養面を気にしない方が多くなっており、

夏バテでの眠気の問題を抱えている方も少なくないでしょう。

 

些細な工夫をすることによって、

大きな効果を実感することができる為、

夏には活用するようにしてくださいね。

まとめ

  • エアコンを活用しすぎて自律神経が損なわる
  • 就寝時のエアコンはタイマーを使用すべき
  • 疲れにくくなる栄養素を摂取
  • 眠くなった時にはリンパを冷やす

 - , 症状