旬な情報を発信!ライフマニュアル!

Just another WordPress site

*

夏バテの症状での微熱が辛い、長引く!予防の為の3つのポイント

   

この記事は約4分で読めます。

  2015/07/02

1

暑い日差しが降り注いで気温の高い日は、

気持ちが良いと感じることが多いですね。

 

でも、快適を通り越し、暑すぎると話は別ですよね?

 

こういった日が多くなると、夏バテになってしまう方も少なくありません。

 

夏バテの症状は幅広くありますが、

微熱があるのもご存知でしたでしょうか?

 

頭が痛くて微熱がある時には、

あれ?夏風邪かな?」と思うのが普通ですよね?

 

でも、風邪薬を飲んでも一向に良くならないとなると、

夏バテを疑った方が良いでしょう

 

これから先、夏になると毎年夏バテに悩まないといけないのは嫌ですよね?

 

夏バテ知らずの体になることが重要で、

しっかり予防法はあります!

 

夏を迎えた時に微熱が辛い、長引くと言う方は、

これからご紹介する情報を参考にし、

楽しい夏をより楽しく過ごしてください!

スポンサードリンク

睡眠の重要性

2

夏バテの時には、中々質の良い睡眠がとれない方も少なくありません。

 

睡眠は体の疲労回復をする上で非常に重要です!

どうして質の良い睡眠がとれないのかと言うと、

自律神経が乱れてしまっているからです!

 

この自律神経の乱れが夏バテの大きな要因で、

微熱にも繋がっています。

 

人間の体は睡眠に入る時には体温が低下します。

 

そのため、寝る時に温度や湿度が高いままだと、

心地よい睡眠をとることが難しくなります!

 

クーラーや扇風機などを活用し、

睡眠がしやすい環境作りをすることが大事になりますね。

 

でも、注意しないといけないのが、

快適な環境に慣れ過ぎてしまうことです!

 

外との気温差がある環境で過ごす時間が多くなることも、

自律神経の乱れに繋がります。

 

クーラー扇風機を活用する時には、

なるべくタイマーを使った方が良いですね。

ビタミンB1の摂取が夏バテ防止

3

夏バテ対策には、ビタミンB1の摂取が大切になります。

 

糖質をエネルギーに変えてくれるほかに、

老廃物を代謝して疲労回復されてくれる嬉しいポイントがあります。

 

さらに、夏バテの時には食欲がないという方も多いですよね?

 

ビタミンB1には食欲を増進されてくれる働きもある為、

積極的に摂取した方が良いのは間違いありません。

 

夏バテが原因の微熱も、ビタミンB1の摂取で吹き飛んでしまいますね。

 

豚肉、トマト、ウナギなどにはビタミンB1が多く含まれている為、

食事の際には取り入れるようにすべきです!

 

また、もっと手軽に摂取できるのがサプリメントですね。

 

ドラッグストアには、

ビタミンB1が手軽に摂取できるサプリメントが多数ある為、

購入して活用するのも一つの手と言えます。

室内での過ごし方に一工夫を

4

夏バテの時の室内での過ごし方をどのようにしているでしょうか?

 

クーラー扇風機をずっと活用して過ごしている方も多いですよね。

 

でも、これは自律神経の乱れに繋がる為、

活用するにしても、その方法を考えないといけません。

 

まず、エアコンを活用する時には、

風邪が直接当たらないように風向きを調整するのが良いですね。

 

これなら必要以上に体温が低下しなくなります。

 

また、エアコンの温度ももちろん重要になりますね。

 

目安となるのが、外の気温差を5℃以内にすることです!

 

それ以上になってしまうと、どうしても外に出た時と、

室内にいる時の気温差が大きくなりすぎてしまい、

どんどん夏バテの症状が進行してします。

 

人間の体には過ごすのに適切な温度がちゃんとあります。

 

多くの方が冷房の設定温度を、26~28℃に設定しています。

 

なので、エアコンを活用する時には、

この温度を参考にしてくださいね。

 

夏バテの症状での微熱は中々治らないこともあって辛いものです。

 

日常生活を送る上で様々な予防法があり、

活用して夏バテに負けない体を作ることが大切になります。

 

夏バテの微熱は生活に原因がある!と認識しておいた方が良いでしょう。

 

毎年迎える夏を楽しく過ごす為に活用していただけると幸いです。

まとめ

  • 夏風邪ではなく夏バテが微熱の原因となっている
  • 快適な睡眠が夏バテ防止になる
  • ビタミンB1を積極的に摂取すべき
  • 外との気温差を考えて室内で過ごす

 - , 生活, 症状