旬な情報を発信!ライフマニュアル!

Just another WordPress site

*

残暑見舞いの先生への文例はコレ!児童や生徒の書き方のコツは3つ

   

この記事は約4分で読めます。

1

残暑見舞いは、立秋である8月7日~8月31日までに出す手紙はがきです。

 

この残暑見舞いを担任の先生やお世話になっている先生に、

児童や生徒が書くにはどうすれば良いのかということを知っているでしょうか?

 

また、この残暑見舞いが夏休みの宿題なっていることもあるようです。

 

親御様がしっかりお子様に教えてあげるのが一番ですが、

あまり知らないという方もいるのではないでしょうか。

 

残暑見舞いについて分からないとなれば、

文例を参考にして書くのが間違えのない方法です。

 

お子様が児童や生徒だった時には、文例を参考にするとともに、

残暑見舞いを書く上でのコツについてもしっかり把握すべきです!

 

楽しい夏休みを過ごす前には、

やるべきことをしっかりやっておくのが大事ですよね?

 

残暑見舞いを書くこともやるべきことの一つです!

スポンサードリンク

基本構成を意識して残暑見舞いを書く

2

文例を見る前に、

残暑見舞いの基本構成をしっかり意識するのが肝心です!

 

まずは季節の言葉を入れることになります。

 

残暑見舞いの場合は、

 

残暑お見舞い申し上げます」です。

 

ほかには、気候や相手の体調を気遣う言葉を入れることや、

自分の近況についても入れることです。

 

具体的には、

 

毎日暑いですが、先生はいかがおすごしですか?

 

家族で○○に旅行に行きました。」などですね。

 

最後に、相手の健康を気遣う言葉を入れるのもポイントになります。

 

先生も元気に過ごしてください

 

お体に気を付けてください」などを取り入れれば問題ありません!

 

また、日付をしっかり入れることも忘れてはいけません。

 

平成○年○月 晩夏」と入れるのが正しい日付の入れ方となります。

 

しかし、児童や低学年の場合は、書いた日の日付でも大丈夫です!

 

これが基本的な構成となる為、

頭に入れておくようにしてください!

ラフな書き方でも問題ない

3

残暑見舞いとなると、

丁寧でかしこまった書き方をイメージされるでしょう。

 

しかし、生徒や児童が先生に書く時には、

あまり難しいことを考える必要はありません。

 

むしろ子供らしい書き方のほうが、

受け取った方も喜ぶものです。

 

ここで、実際に例文をご紹介します。

例文1

ざんしょおみまいもうしあげます

まだまいにちがあついですね。
せんせいはおげんきですか。
ぼくはまいにちげんきにプールへいっています。
せんせいもげんきにすごしてください。

へいせい○○ねん ○がつ ばんか

例文2

残暑お見舞い申し上げます

きびしい暑さがつづいていますが、先生はいかがおすごしですか。
私は今、読書に夢中になっていて、夏休みには多くの本を読みました。
くれぐれもお体に気を付けてください。
2学期もよろしくお願いします。

平成○○年 晩夏

例文1が児童や小学生低学年向けで、

 

例文2が小学生高学年向けです。

 

基本構成を理解し、この例文を参考すれば、

さほど残暑見舞いを書くのは難しくないのが分かりますよね?

 

親御様がしっかりお子様に教えられるでしょう。

スポンサードリンク

残暑見舞いを書く時のコツとは

4

残暑見舞いの書き方のコツとなるのは、

印象的な文章にすることです。

 

現在の心境や豊富をしっかり添えることによって、

印象的な文章になりますね。

 

どんな内容で書けば良いの?と思う方も少なくないですよね。

 

でも、内容自体は特に気にすることはないのです。

  • 先生のお体は問題ないでしょうか。
  • 私は元気で過ごしています。
  • また2学期からもよろしくお願いします。

 

この3つを盛り込めば大丈夫です。

 

例文を見たらわかる通り、

全部をしっかり漢字にしないといけない訳ではありません。

 

子供らしさがある書き方の方が、先生も嬉しいと思うものです。

 

これから児童や生徒のお子様がおり、残暑見舞いを書こうと思う方は、

ご紹介した情報を参考にし、親子でアレンジしてみてください!

 

先生もきっと喜ばれるはずです!

まとめ

  • 基本構成を意識した上で残暑見舞いを書く
  • かしこまった書き方をする必要はない
  • 漢字にしないといけない訳ではない

 - マナー,