旬な情報を発信!ライフマニュアル!

Just another WordPress site

*

残暑見舞いの文例を参考に!ビジネスメールでの正しい作り方は?

   

この記事は約5分で読めます。

  2015/07/10

1

 

夏のピークが過ぎ、

 

秋に差し掛かる立秋の季節は過ごしやすくていいですよね。

 

夏が終わる寂しさもありますが、

ゆったりと過ごす秋の始まりも良いかと思います。

 

立秋の季節には多くの方々が残暑見舞いを送られる事がありますが、

皆さんはしっかり作っていますか?

 

会社員なら尚更で、上司や取引先に送る必要があります!

 

ただ、一度も残暑見舞いを書いた事がない方にとって、

しっかりと書き上げるのは意外と難しいものなんです。

 

これは失礼だろうか?

常識知らずと思われそう・・・

 

などど、心配になる事もあるかと思います。

 

ビジネスマンであれば残暑見舞いの書き方くらいは是非覚えておきたいものです。

 

そこで今回は、会社員なら覚えておきたい、

 

残暑見舞いの書き方や文例を紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

どんな事を書けば良いの?

2

 

一度も残暑見舞いを書いた事がない皆さんが初めに思う事、

それが「どう書いたら良いかわからない」という事です。

 

それもそのはず、

残暑見舞いと言えば堅苦しい言葉遣いで書いているイメージがありますよね。

 

ただ、友人同士や親しい仲同士でのやり取りであれば、

話し言葉を使ってもマナー違反にはならないものでもあるのです。

 

もちろんビジネスメールで話し言葉は良くありません。

 

まず、残暑見舞いを書いていくのに当たって、

基本的な構成を頭に入れておく必要があります。

 

基本的な流れはこちらです。

  • 残暑お見舞いの言葉

「残暑お見舞い申し上げます」などの書き出しの事です。

  • 相手の安否を気遣う言葉

「いかがお過ごしでしょうか」などの相手を気遣う言葉です。

  • ご自身の近況について

「ようやく新しい仕事にも慣れてきました」
「新しい家族が増えました」などのご自身の身の回りの変化を書きます。

  • 相手の健康を気遣う言葉

安否を気遣うのとややニュアンスは似ている所がありますが、
この場合、「お体にお気をつけ下さい」
「ご自愛下さいませ」
など、身体の健康を気遣う表現が使われる事が多いです。

  • 日付を入れる

「平成○○年 晩夏」や「平成○○年 立秋」などと、日付を入れます。

  • 宛名を入れる

残暑見舞いでは宛先部分に宛名を入れるのが一般的です。
裏面へ記載するのは基本的に省かれる事が多いです。

 

と、このようなところがビジネスメール、プライベートな残暑見舞いに関しても、

共通していえる形式です。

 

この流れを覚えておけば、後は言葉を考えていくだけなので、

 

書き進めやすくなっていくかと思います!

 

ビジネスメールの文例はどういうの?

3

 

書く内容や流れが分かったとしても、

 

実際に皆さんがどういう風に書かれているのか分からないと不安ですよね。

 

そこでいくつかビジネスシーンで使える残暑見舞いの文例を用意しました!

 

書く内容に困った時、是非、参考にしてもらえればと思います。

 

それでは見ていきましょう。

例文1

暑中お伺い申し上げます

平素は、格別のお引き立てを賜り、厚くお礼申し上げます

暦の上では立秋が過ぎたものの、暑い日が続いておりますが、

お変わりなくお過ごしでしょうか

暑さの厳しい折柄ですが、皆様方のご健勝をお祈りしております

平成○○年 晩夏

こちらは、やや取引先向けの文例と言えます。

ちなみに上司や取引先などの目上の方へ送る残暑見舞いは、

「残暑お見舞い申し上げます」より「残暑お伺い申し上げます」の方が丁寧です。

会社員で働いていると上司はもちろん、取引先とのやり取りも出てきやすいです。

では、上司に送る文例も見ていきましょう。

例文2

暑中お伺い申し上げます

立秋を過ぎても尚、厳しい暑さが続いておりますが、ご健勝のことと存じております

日頃はお世話になり、さらにお心に掛けて下さり、有り難うございます

私ども皆、つつがなく暮らしております。

厳しい暑さがまだまだ続きそうでございますが、ご自愛下さいませ

平成○○年 晩夏

残暑見舞いは、長々と書くよりはコンパクトにまとめた方が見栄えが良いです。

もちろん、伝えたい事があれば必要に応じて文章を増やすのも良いですね。

ただ、取引先への残暑見舞いの場合には、

あまりに自身の近況を詰め込みすぎない方が良いかもしれません。

スポンサードリンク

 

いかがでしたでしょうか?

 

ビジネスメールでの残暑見舞いを作成する時に覚えておきたい事は、

 

基本的に、基本に沿った丁寧な言葉遣いと文章の流れです。

 

取引先へは慎重に書き上げたい気持ちを持った方が良いでしょうが、

 

親しい上司へは少々砕いた残暑見舞いも通じる事はあります。

 

人との距離感をしっかりと考え、

 

残暑見舞いを書き上げてみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

  • 基本的な流れを把握する
  • ビジネス向けの言葉遣いを意識
  • 取引先へは文章を詰め込みすぎない
  • 人との距離感に応じて内容を柔軟に

 - マナー,