旬な情報を発信!ライフマニュアル!

Just another WordPress site

*

【夏バテ】の症状に要注意!愛犬が嘔吐するのは暑さが原因なの?

   

この記事は約4分で読めます。

  2015/07/11

1せっかくの夏には思う存分遊びを満喫したいですよね。

愛犬を飼っている人は一緒にお出かけなんてする事もあるかと思います!

いつも家の中や自宅の近くにいるだけだと、

愛犬も退屈ですよね。

犬を連れて一緒に遊びにいくのはもちろん良いのですし、

室内でまったりと暮らしているのも良いですが、

注意してほしい事が一つあります!

夏の季節にみられる夏バテは、

人間だけではなく、犬にもみられる症状なのです。

もし、夏に愛犬の体調が悪そうだったら

それは夏バテが原因かもしれませんよ!

さらには嘔吐の症状がみられた時、

夏バテが原因である可能性が高いと言えます!

それでは今回は、

犬の夏バテと嘔吐の症状について対策や注意点を紹介していきたいと思います!

スポンサードリンク

暑いのは犬も人間も同じ!

2夏は当然の様に暑いですよね。

私たちのような人間であれば薄着をしたり、

エアコンを使ったりと様々な方法で涼しくする事が出来ます。

ですが犬はどうでしょうか?

自分ではエアコンをつける事も出来ませんし、

毛皮を一々脱いだり着たりする事はまず出来ませんよね。

また、犬は人間とは違って汗腺が無いため、

汗をかく事ができないのです!

そのために舌を出して体温調整をしているんです。

ですが、湿度が高い日となると、

いくら舌を出して唾液を出したとしても、体温の調節には限界があります!

ただでさえコートのような毛皮を見にまとっているのに、

夏の様な暑い季節になると、犬も同じく暑く感じてしまっています!

真夏の季節には気温調節はもちろんですが、

室内では湿度の調節も気を遣ってあげるのが大切です!

犬の夏バテの症状ってなに?

3夏バテって一言でいっても、

どんな症状が現れるのか分からなければ対策の打ち様が無いですよね。

犬は言葉を話せない分、様々な症状で夏バテを伝えてくれています!

  • 気分を悪そうにし、時には嘔吐してしまう
  • いつも与えている食事をあまり食べなくなる(食欲不振)
  • 普段より便が柔らかい(下痢や水気の多い便をする)

といったように、普段とは明らかに違う様子が伺えたら、

これは夏バテかもしれない!とすぐに対処してあげるのが大切です。

ほかにも、いつも元気なワンちゃんで甘えん坊であったとしても、

  • 怠そうな様子で、散歩に行きたがらない
  • 名前を呼んでも全く近寄ってこない
  • 動きがいつもよりのろのろとしている
  • 睡眠時間がいつもより長い

こういった症状がみられる場合があります。

愛犬の普段の習慣や性格によっても異なりますが、

様子がいつもと違えば夏バテを疑ってあげるのが非常に大切です。

特に、嘔吐してしまった時は夏バテの中でも重症の症状と言えます!

何かしらの対策、あるいは獣医にみてもらう事が必要です。

スポンサードリンク

犬の夏バテにはどう対処したらいい?

4afbc913400228954d106e0d80a9b51d_m愛犬にもし、夏バテの症状が伺えた場合で、

特に嘔吐などの重症な症状がみられた時には獣医に連れて行くのが大切です!

単なる夏バテならまだしも、脱水症状である場合には、

深刻な症状を引き起こす可能性があります。

また、普段から愛犬には夏バテにならないように対策してあげるのが大切です。

日常で出来る夏バテ対策はこちらです。

  • 室内の風通しを良くする
  • カーテンを閉めて遮光をしてあげる
  • 犬用の冷たいマットを敷く
  • 新鮮な水を絶やさないように用意する
  • 除湿をして湿度を下げてあげる

これらが室内で出来る夏バテの方法です!

また、毎日欠かさず散歩に連れて行っている場合、

あるいは時々連れて行っている場合にも注意しておきたい事があります!

まず、日中は日差しが強く、

アスファルトは犬にとって、非常に高温になっています。

そのための対策としては、

散歩の時間帯を日中から夕方に変えてあげるようにしましょう!

もしくは、散歩コースを日陰の多い道にしてあげるのも良いでしょう。

とにかく、愛犬に暑い思いをさせないように細かい気配りが大切です。

 

いかがでしたでしょうか?

犬はとっても夏に弱い体質を持っています。

飼い主さんがしっかりと気配りをしてあげなければ、

夏場は非常に体調を崩しやすくなってしまいます。

散歩の時間帯をずらす事などが難しい場合にはせめて、

室内の環境を整えてあげるなど、

暮らしやすい環境を整えてあげてください。

まとめ

  • 犬が暑くならない室内環境をつくる
  • 散歩をするときはコースや時間帯に注意
  • 夏バテの症状が酷い時にはすぐに獣医へ相談

 - ペット,