旬な情報を発信!ライフマニュアル!

Just another WordPress site

*

【夏バテ】の症状を対策しよう!暑い季節に優しい猫の食事を徹底紹介

   

この記事は約5分で読めます。

  2015/07/12

1

皆さんはご自宅にペットを飼われていますか?

 

家族で暮らしていても良いですが、

一人暮らしだと寂しさを無くしてくれるので嬉しいですよね。

 

ペットにはワンちゃんを飼ってますよ!という人もいるかと思いますが、

今は猫をペットで飼う人も増えている様です。

 

猫は吠える事がありませんし、静かで良いですよね。

 

それはさておき、

猫を飼っている皆さんはちゃんと夏バテ対策していますか?

 

猫は人間と同じく夏バテしてしまう生き物です。

 

自宅の環境をしっかりと整えていなかったり、

食事の与え方によっては夏バテを起こしてしまう可能性があります!

 

何かうちの猫の体調が悪そうという方、

もしかすると夏バテによる体調不良かもしれませんよ!

 

猫の夏場の夏バテは、

食事のあげ方やメニューで対策する事が出来ます。

 

そこで今回は、

夏バテを対策する猫の食事について紹介したいと思います!

スポンサードリンク

猫の夏バテはどういう症状が現れる?

2

猫にも夏バテが起こるといっても、

一体どういう症状が夏バテなのかって思ってしまいますよね。

 

ちなみに猫には人間の様に汗をかいて体温調節する事が出来ないため、

身体をなめたり涼しい場所を探したりして体温調整を行っています。

 

猫ちゃんに夏バテになっている時、こういった症状が現れます。

・息づかいがいつもより荒い
・身体に熱を持っている
・口から舌を出し、よだれや泡を出している

この様な症状がみられた時、

ご自宅の猫ちゃんは夏バテを起こしてしまっている可能性があります!

 

このような症状がみられる時には霧吹きで体温を下げてあげたり

室内温度を少し下げたりして体温の調節を行わさせてあげましょう

 

それでも体調が優れない様子であれば、

早めに獣医さんに診てもらう事が大切です!

 

最悪の場合、体温が下がらないとショック状態で命を危険に晒されてしまいます!

 

夏バテ防止の猫の食事って何?

3

気温の高い夏は、

出来るだけ体力を消耗しないように猫は身体を動かさない事が増えます。

 

いつもより活動しないだけあって、

あまりお腹が減らず、ご飯の量もいつもより食べなくなってしまいます

 

食べないなら片付ける、という事ではなくて、

しっかりと栄養やカロリーを摂取出来る様なご飯を用意してあげるのが大切です!

 

なので魚類や鶏ささみ。野菜類などが混ざった栄養やカロリーの高いご飯がおすすめです。

 

しかし、ただ単にカロリーや栄養があれば良いという事ではありません。

 

カロリーが高過ぎると肥満を起こしてしまいますし、

中には消化不良を起こしてしまう可能性の食材もあります。

 

猫ちゃんが食べられるもので、適度にバランスの取れたものを用意してあげましょう。

あまりカロリーが高くなりすぎないように、

市販の低カロリーのペットフードに工夫を加えてみるのも良いですね。

 

スポンサードリンク

水の飲み方で食事を柔軟に

4

夏バテの対策だからといって、

栄養のある食事をただ単にあげれば良いという事ではありません。

 

猫ちゃんの夏バテで怖い事の一つとして脱水症状があげられます。

 

体温の上昇や脱水症状が続くと、命に関わってしまうので非常に危険です!

 

まず、夏場に猫ちゃんの体調が悪そうであれば、

しっかりと水を飲んでいるのか確認してあげましょう!

 

もちろん、ご飯をしっかり食べるのか確認する事も欠かせません。

 

夏場には食事と水をちゃんと食べ飲みするのか見ておきたいと言えます。

 

もし、あんまり水を飲んでいないという事であれば、

ウェットなフードを用意してあげるのがおすすめです。

 

脱水症状を防ぐためにも、

水を飲まないのであれば食事から水分補給をさせてあげるのが良いです。

 

そして、水はしっかり飲んでいるのであれば、

食べ物はややドライなフードを用意してあげると良いでしょう。

 

水をしっかり飲んでいるのにウェットなフードをあげ過ぎてしまうと、

猫ちゃんが下痢をしてしまう可能性もあります。

 

様子をしっかり見てあげて、体調に合わせて食事を用意してあげるようにしましょう。

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

大切な家族の一員である猫ちゃんの健康は、

飼い主さんがしっかり管理してあげる事にかかっていると言っても過言ではありません!

 

特に猫は夏にあまり強い生き物ではありません。

 

室内の温度管理、食事の管理をしっかりしてあげて、

夏を乗り越えられる様にサポートしてあげましょう!

 

まとめ

・夏バテの症状の有無をしっかりと確認!
・カロリーや栄養のある食事を用意!
・猫ちゃんの様子にあわせて食事を選ぶ!

 - , 症状