旬な情報を発信!ライフマニュアル!

Just another WordPress site

*

夏バテで幼児の症状はコレに要注意!今すぐ効果のある対策をあなたへ

   

この記事は約5分で読めます。

  2015/07/17

1

小さなお子様のいるご家庭は、

 

夏にどのような過ごし方をされているでしょうか?

 

私たちの様な大人であればある程度の暑さはしのげます。

 

ですが、

小さな体の幼児は、

暑くても自分で対策や解消をする事ができません!

 

大人と違い、幼児は夏バテを起こしやすい特徴があります。

 

症状が表れているのにも関わらず解決策を施さないと、

脱水症状など、危ない症状が現れてしまう事もあります。

 

そこで今回は、

幼児がご家庭にいる方が知っておきたい、

夏バテの対策や解消法について紹介していきたいと思います!

 

スポンサードリンク

幼児の夏バテの症状はどんなの?

2

幼児のお子さんが万が一夏バテを起こしてしまった時には、

いち早く対策してあげるのが大切です。

 

ですが、対策をしようにも症状がわからなければどうしようもありませんよね。

 

幼児に現れる夏バテの症状は主にこれらがあげられます。

  • 微熱
  • 食欲不振
  • 吐気
  • 疲労感や無気力
  • 立ちくらみ
  • 下痢
  • イライラ

これらの様子が伺えた時、それは夏バテによる症状の可能性があります。

 

一つや二つ程度であれば別に原因がある事も考えられます。

 

ですが、複数の症状が該当してしまっている場合には、

夏バテによる症状という事を視野に入れておくのが大切です!

 

特に、夏バテの症状として現れやすいのは微熱食欲不振嘔吐の症状です。

 

夏バテの症状を知っておけば、

いざ体調が悪そうな時に対処しやすくなりますので、

しっかりと頭に入れておく様にしましょう。

 

幼児の夏バテに効く食事は?

3

幼児の夏バテの対策方法の一つとして、

夏バテ対策用の食事を用意してあげる事です。

 

夏バテを起こしていると食欲不振に陥り、

なかなか食べ物を口にしなくなってしまいます。

 

ちなみに「食べないなら食べたくなるまで待ってみよう」というのは間違いです!

 

体調が優れないときこそ、栄養のある食事を用意してあげるのが大切です。

 

ですが食べてもらえなければ意味がないとも言えます。

 

なので、幼児の食欲が湧くような食事を用意してあげましょう。

 

  • 好物を用意する

子供は好きな食べ物であれば口にする事が多いです。
ただ、栄養の偏りが起きないように
栄養があるものも添えてあげると良いでしょう。

  • 食べやすい食事にする

食欲がわかなかったり、食べづらい食事を避けてみましょう
スープの様に水分が多いもの、麺類のようにすすりやすいものなど、
口にしやすい食事は食べてくれやすいです。

  • 栄養を取れるもの

食事を普段の量ほど食べられない時には、
少量でも栄養が取れるものを用意してあげましょう
野菜を食べないのであれば、果物で栄養を補給するのも良いです。

 

これらのように、幼児にとって食べやすい、食べて栄養が取れるものを用意すると、

夏バテの対策になると言えます。

 

ただ、負担のメニューの様に用意したとしても食べてくれない事があります。

 

麺類一つにしても、子供が好む味付けや種類にしてあげるように、

一工夫してあげると良いかもしれません。

 

スポンサードリンク

自律神経を整えて対処する

4

夏の季節に関わらず、

幼児くらいの子供なら外で遊ばれる事も多いかと思います!

 

夏の季節に外で遊ぶ事に問題があるのではなく、

気温の高い屋外から、エアコンの効いた室内に入る事

あるいは暑いからといって冷たいものばかり食べている事など、

こういった事を続けていると自律神経を乱してしまう原因になります。

 

自律神経は消化や排泄の働き、発汗する事など、

自分の意志とは関係無しに働く神経の事です。

 

お子様が夏に下痢嘔吐発熱などの症状がみられる場合には、

この自律神経が乱れている可能性が少なからずあります!

 

乱れた自律神経を整えてあげる事によって、

夏バテの症状をいくらか緩和出来るでしょう。

  • 習慣性のある規則正しい時間に食事を行う
  • エアコンで室内を冷やしすぎない
  • 早寝早起きを心がける
  • 日中に活動する
  • 深夜にも軽く冷房をかけて寝やすくする

自律神経の乱れを整えるという事であれば、

これらの様な生活習慣を送る事がおすすめです。

 

身体のリズムを作っていくと、症状の対策になったり、解決策として効果があります!

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

幼児は成人と違い、身体のあらゆる機能がしっかりと発育されていません。

 

さらに、アスファルトとの距離が近いため、

照り返しを強く受けてしまい、夏バテ脱水症状を起こしやすい特徴があります。

 

軽い夏バテであれば対策を行えばなんとか解決出来る事が多いですが、

症状が酷くなったり、脱水症状を起こしたりすると、

身体に強い負担をかけてしまいます。

 

お子様のためにも、

夏はしっかりと周囲の方が環境作りや習慣の徹底、適切な料理を用意してあげましょう。

 

まとめ

  • 幼児の夏バテの症状を把握して早期の対処に備える
  • 夏バテに効果的な料理を作ってあげる
  • 生活習慣を整えて、自律神経を乱さない

 - , 子供