旬な情報を発信!ライフマニュアル!

Just another WordPress site

*

【夏バテ】による症状?吐き気や腹痛が現れる原因や対策をチェック!

   

この記事は約5分で読めます。

1

夏の季節、

気温の高さが辛いという方は多いのではないでしょうか?

 

エアコンの効いた室内に逃げ込みたいって気持ちがありますよね。

 

楽しい夏でもありますが、

夏は暑さによる夏バテへの対策を行うのが大切ですよ!

 

夏バテからは様々な症状がみられるものではありますが、

その中で吐き気腹痛が起こる事も珍しくありません。

 

ただの夏バテと思われる症状であっても、

実は病気を起こしているという可能性も少なからずあるのです。

 

夏の季節は油断せず、しっかりと対策していくのが必要になるんです!

 

それでは今回は、

夏バテの症状の原因やその対策について、詳しく紹介していきたいと思います!

スポンサードリンク

夏バテによる吐き気や腹痛の原因は?

2

夏バテを起こしてしまうと、

身体が怠くて動く気が起きなかったり

食欲がなくなったりといった症状がみられる事が多いです!

 

しかし中には、吐き気腹痛の症状がみられる事があります。

 

これは主に身体の冷えが原因となっている場合にみられるのです。

 

夏の季節、辛い暑さから逃げようと冷たい飲み物を一気に飲まれる事はありませんか?

 

アイスやかき氷などを一気に食べる事もあるかと思います。

 

いくら暑いからといっても、

冷たい物を一気に口にしてしまうと、内臓に負担をかけてしまう事になります!

 

内臓は体温に近い温度に保たれていて、

それによって体調が保たれているんですよね。

 

ですが、そこに冷たい飲食物を入れてしまうと、

バランスの取れた温度が乱されてしまう事になってしまいます!

 

それによって胃や腸の血流が悪くなってしまう事に繋がって、

機能が低下してしまうようになるんです。

 

そうする事によって吐き気腹痛、さらには下痢発熱などがみられる事がありますが、

これは、急性胃腸炎を起こしてしまっている事が原因です!

 

つまり夏バテを起こしている時に吐き気や腹痛が現れるのは、

冷たい物を口にして胃腸に負担をかけてしまっているという事なんですね。

 

暑いからといって急激にお腹を冷やさないように、

一気に冷たいものを口にしないようにしましょう!

 

夏バテによる症状の解決策はなに?

3

夏バテによって吐き気や腹痛を起こしてしまった時、

適切な解決策により症状を治めていくようにしましょう!

 

吐き気腹痛が起きるというのは、

多くの場合は急性胃腸炎が原因という事は先ほど説明させてもらいました!

 

それなのでまずは飲食を控えて身体を休ませるのが大切です。

 

冷たい物を急に口にしすぎてしまっている事が原因の可能性があるため、

胃腸の調子を整えてあげるためにも様子を見て休むのが良いですね!

 

症状が酷い時には飲食しないように落ちつきましょう。

 

そして、症状がやんわりと落ちついて来た時には、

消化のいい物を少量食べる様にして、

胃腸へかける負担を少しでも減らしてあげるのが必要です!

 

少ししか食べないから冷たいものを口にしたいと思われる事もあるでしょうが、

症状があるうちは冷たい物を避けるべきです。

 

初めは常温、あるいは暖かい食べ物を食べる様にして、

注意しておきたいのはあまり水を飲み過ぎないという事です!

 

症状が少しでもみられるうちは、安静にしておく方が良いでしょう。

 

スポンサードリンク

未然に防ぐにはどうしたら良い?

4

夏バテによる吐き気や腹痛を未然に防ぎたいという事であれば、

注意しておきたいのは大きく分けて飲食生活習慣の二つです。

 

吐き気や腹痛を起こす事に多い原因は冷たいものを口にする事ですね。

 

そのため、暑いからといって冷たい物をせっせと飲食しない事が大切です!

 

また、これらの症状は冷たい物を口にする事だけが原因ではありません!

 

食中毒食物アレルギーによる症状の可能性も少なからず考えられます。

 

痛みやすい食べ物は痛む前に食べる様に、

あるいはしっかりと加熱してから食べる意識が大切です!

 

食物アレルギーに関しては、自覚していないアレルギーであれば、

症状が現れてから医師に相談してアレルギー検査を行ってもらう必要があります。

 

また、生活習慣についてですが、

夏の様に気温の高い季節はエアコンで室内温度を下げ過ぎやすいです。

 

屋外の温度と室内温度に大幅な温度差があり過ぎてしまうと、

自宅に戻った時に身体を一気に冷やしてしまう原因となります。

 

これは自律神経を乱してしまう事によって夏バテを起こしてしまったり、

それこそ胃腸を冷やしてしまい、体調を崩してしまったりする原因となります。

 

暑さから逃げたいという気持ちももちろん分かりますが、

暑いからといって身体を冷やし過ぎる事の無い様にしましょう!

 

 

いかがでしたか?

 

暑いけど自分は夏バテにならないだろうと油断していませんか?

 

夏バテは子供も大人も起こる可能性がある体調不良です。

 

怠さや食欲不振ならよくみられる症状ではありますが、

吐き気腹痛などがみられた場合には早急に対処するのが大切です。

 

もし、対処して症状が治らない場合には別の原因である可能性があるので、

早めに医師に相談されてみるのがおすすめです!

 

まとめ

  • 冷たい物を食べ過ぎて身体を冷やさない
  • 症状があるときは胃腸に優しい飲食を
  • 室内温度を下げ過ぎると身体を冷やす原因に

 - , 症状