旬な情報を発信!ライフマニュアル!

Just another WordPress site

*

【七五三】レンタル一式での料金の目安|購入した方がお得?

   

この記事は約4分で読めます。

1

子供の成長をしっかり写真に収めておく七五三

 

大切なお子様の成長の節目になりますよ。

 

その七五三の時には洋服にするか着物にするかがまずは迷いどころですよね?

 

さらに、着物にするならレンタル費用はいくらなのか?

 

あるいは、購入をした方が良いのかという部分も悩むべき点ですね。

 

子供の成長は早いもので、

3歳の時に着たものを5歳の時に着るのは難しいです。

 

親心としては、せっかくだから新調してあげたい!と思いますよね。

 

どういった選択を間違いではなく、

ニーズにマッチしているのであれば、

どの選択をしても問題ありません。

 

ただ、しっかりメリットとデメリットを把握すべきです。

 

これから七五三を迎えるご家庭で後悔をしない為に、

しっかり把握しておいてくださいね。

 

スポンサードリンク

レンタルと購入のメリットデメリット

2

まずはレンタルをした時のことを考えてみましょう。

 

レンタルのメリットとなると、

やはり着付けがセットになっているのが大きいですよね。

 

着付けが完璧にできるという方は多くはないのが事実です。

 

さらに、着た後の保管管理の心配がなく、

 

購入よりも費用を抑えることができます。

 

デメリットは、施設によって異なるものの、

予約制となっている為、

気にいった着物を着ることができないこともあることです。

 

さらに、急に体調不良になった時でも、

日程を変更できません。

 

一方、購入した場合は、七五三の時のみならず、

お参りに行く時などにも着られるのが嬉しいポイントです。

 

さらに、兄弟に引き継ぐことができる為、

大家族のご家庭では購入のメリットがより大きくなりますね。

 

一度しか着ない着物であれな、そう痛むこともなく、

丁重に保管さえすれば、引継ぎには何も問題ありません。

 

デメリットになるのが、やはりレンタルよりも費用が掛かる点です。

 

仕立て上げの着物でもレンタルよりも高めの料金となってしまいます。

 

さらに、着付けを行うとなると、

別で手配をするか、自分で行うかをしないといけません。

 

レンタル費用には幅がある

3

 

着物をレンタルすると言っても、

子供の年齢によって大きく変わる為、注意をしないといけません。

 

また、レンタルする着物の種類にもよって費用は変わりますね。

 

3歳児の場合は男の子で6000円程度から着物のレンタルができます。

高い着物となると20000円以上のものがあります。

 

女の子場合は、3000円程度のものから、

 

20000円以上のものまであります。

人気となっている価格が10000円程の着物となっています。

 

5歳の男の子でも3歳の時とほぼレンタル料金は変わりません。

 

しかし、7歳の女の子となると6000円程度のものから、

4万円以上のものまであり、料金に幅があります。

 

これは、大人の着物と同じ作りになる為であり、

どうしても料金は一気に高くなってしまいますね。

 

スポンサードリンク

購入をする時の目安となる料金とは

4

着物を購入しようと思っている方は、

3歳の女の子で3000円程度のものから、

60000円以上のものまであると認識しておくと良いでしょう。

 

さらに、男の子の場合は、7000円程度から、

40000円以上のものまであります。

 

5歳の男の子では、10000円以上はほぼ間違いなくかかり、

高い着物だと150000円以上となります。

 

7歳の女の子だとさらに高額となり、

15000円程度から400000円程の料金となります。

 

価格に大きく差が出るのは、

どういった生地を使用しているかです。

 

ポリスチレンの場合は、リーズナブル料金であることが多いものの、

正絹だと上限に近い料金となります。

 

レンタルをするにせよ、購入をするにせよ、

料金に大きな開きがあるのが事実です。

 

そのため、しっかり料金のことを考えた上での選択が大事になりますね。

 

保管のことも考えてレンタルをされる方の方が多いのが事実ですが、

購入をして引き継ぐ方法も間違いではありません。

 

予算やご家族の人数などを考慮した上で良い選択をしてくださいね。

 

まとめ

  • レンタルの方がその時かかる料金は抑えられる
  • 子供の年齢によって料金は異なる
  • レンタルと購入のメリットデメリットを把握しよう

 - 七五三